« 「記者クラブ制度」を考える訴訟、第1回公判開催。寺澤有氏、意見陳述の中身 | トップページ | 再生機構行きで、ミサワホーム株主が、奥田碩日本経団連会長責任追及の構え »

2004.12.27

ソニー生命の逆転敗訴に関する解説記事、本日発売

●終身保険で、わが国初の生保側敗訴訴訟

 本紙は、ソニー生命が顧客との訴訟で逆転敗訴した(ただし、ソニー生命側は上告中)訴訟について、過去、3度報じて来た(「ソニー生命、逆転敗訴の問題社員を判決確定待たず、トカゲの尻尾切り?」04年12月19日、「ソニー生命、保険を売りつけた顧客との民事訴訟で2度目の高裁逆転敗訴の可能性も」同月17日、「ソニー生命、本業の生保勧誘でも大失点」同月6日)。
 それは、わが国では「(有期払込)終身保険」という一般的な保険に加入する際のトラブルで、保険会社側が負けた事例はこれまでにただの一度もなかったと思われるからだ。
 2004年12月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「記者クラブ制度」を考える訴訟、第1回公判開催。寺澤有氏、意見陳述の中身 | トップページ | 再生機構行きで、ミサワホーム株主が、奥田碩日本経団連会長責任追及の構え »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/2386409

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー生命の逆転敗訴に関する解説記事、本日発売:

« 「記者クラブ制度」を考える訴訟、第1回公判開催。寺澤有氏、意見陳述の中身 | トップページ | 再生機構行きで、ミサワホーム株主が、奥田碩日本経団連会長責任追及の構え »