« 三澤千代治氏からトヨタ・豊田章一郎名誉会長への手紙 | トップページ | 中国、2006年に公営カジノ、競馬解禁か »

2004.11.22

東京・日本橋地上げ中心地に、なぜか登場していた上場企業社長

●エリアクエストの清原雅人社長

 東京駅八重洲口から直線距離でわずか300Mほどの日本橋3丁目の一画、ここを不動産会社「アーバンコーポレイション」(東証1部)が今年9月頃までに地上げ完了した。
 注目すべきなのは、その地上げをまさに阻むかのように、その一部、約46坪を、2階建て店舗と共に先行取得していた有限会社があった事実(上記写真左手建物箇所)。今年6月のことだ。この有限会社は設立されたばかりで、実績はなく、ペーパーカンパニーであるのは明らか。驚くのは、この不動産登記簿を見てみると、マザーズ上場の不動産会社「エリアクエスト」の清原雅人社長個人名で、19億5000万円もの根抵当権が設定されていた事実。
 2004年11月22日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 三澤千代治氏からトヨタ・豊田章一郎名誉会長への手紙 | トップページ | 中国、2006年に公営カジノ、競馬解禁か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13439839

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・日本橋地上げ中心地に、なぜか登場していた上場企業社長:

« 三澤千代治氏からトヨタ・豊田章一郎名誉会長への手紙 | トップページ | 中国、2006年に公営カジノ、競馬解禁か »