« 「週刊文春」が創価学会・公明党と手打ちで記事没!? | トップページ | ライブドア、ソフトバンクも取引していた「メディア・リンクス」に群がった闇人脈 »

2004.11.25

本紙・山岡も武井11・17判決は軽すぎると上申書提出

           上 申 書

東京第二検察審査会御中

                     2004年11月24日

     山岡俊介(「平成16年15号」申立人・ジャーナリスト)

●山岡の「示談書」が無効なのは明白

11月17日、東京地方裁判所(青柳勤裁判長)は武井保雄被告(前武富士会長)に対し、懲役3年、執行猶予4年の判決を言い渡しました。しかし、このように判決が軽くなったのは、私が示談に応じたと判断し、それを考慮した点がかなり大きく影響していると思われます。
 しかしながら、これは完全な事実誤認で、私は騙されて示談の場におびき寄せられ、さらに、武井の「検察の作文だ!」という虚偽の冤罪論を信じ込まされ、結果、同情するなどして応じたものですから、本来、無効である事は明らかです。
 2004年11月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

★ミニ情報

○「政財界」のHPから、「山岡を告発する会」が削除に

 この間、山岡を「ブラック」と罵り、武井保雄並びに武富士をヨイショし続けていた「政財界」だが、山岡が刑事、民事で告訴するや、「山岡による被害者の会」とか、「告発する会」とかいうものもをデッチ上げ、一般から山岡を刑事告訴するための情報を募るといっていたところ、数日前、突如、そのHPが消滅していたことが判明した。ということは、いよいよ膨大な被害が集まり、刑事告訴したということなのか? それとも、名誉毀損の証拠隠しか?

○野田敬生VS鈴木宗男元代議士異色対談、大盛況に終わる

 先日、ミニ情報で案内した東大「駒場祭」のイベントとして実現したこの対談、350名収容のところに400名も集まり、大成功に終わったそうだ。興味のある方は、この2人のツーショット写真、 対談中の音声をどうぞ。

○菱和ライフの中間決算に関して粉飾疑惑が出ている

 去る11月10日、東京駅八重洲口のビル内で05年度中間決算発表を行った不動産会社・菱和ライフクリエイト(東証2部)に関して、粉飾決算を指摘する声が出ている。根拠は、その場でも配られた有価正面報告書27Pに記された「販売実績」の不動産販売事業分内訳 の「その他」が40億7830万9000円もあり、前年同期と比べても258・7%も伸びている事実。「マンションを建てるために仕込んだ土地を売却して販売実績、利益まで水増ししているのではないか」というわけだ。
 2004年11月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「週刊文春」が創価学会・公明党と手打ちで記事没!? | トップページ | ライブドア、ソフトバンクも取引していた「メディア・リンクス」に群がった闇人脈 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/2059965

この記事へのトラックバック一覧です: 本紙・山岡も武井11・17判決は軽すぎると上申書提出:

« 「週刊文春」が創価学会・公明党と手打ちで記事没!? | トップページ | ライブドア、ソフトバンクも取引していた「メディア・リンクス」に群がった闇人脈 »