« 中国、2006年に公営カジノ、競馬解禁か | トップページ | 「週刊文春」が創価学会・公明党と手打ちで記事没!? »

2004.11.23

寺澤有氏、11・17武井判決不服と、検察審査会に上申書提出

●懲役3年、執行猶予4年は軽すぎる

 この間、武富士問題で共に闘っており、また、武井保雄前会長が部下に指示して武富士HP上で誹謗中傷した際の、山岡と共に被害者でもある寺澤有氏は、11月17日の武井判決(懲役3年、執行猶予4年)は軽すぎるとして、上申書を提出した。
 以下、その全文を掲載する。
 2004年11月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 中国、2006年に公営カジノ、競馬解禁か | トップページ | 「週刊文春」が創価学会・公明党と手打ちで記事没!? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/2041549

この記事へのトラックバック一覧です: 寺澤有氏、11・17武井判決不服と、検察審査会に上申書提出:

« 中国、2006年に公営カジノ、競馬解禁か | トップページ | 「週刊文春」が創価学会・公明党と手打ちで記事没!? »