« プロ野球再編問題で右翼が西武・堤氏を糾弾か | トップページ | これが故・三塚元蔵相の借用書! »

2004.10.09

「武富士」前会長・武井保雄、出廷せず

●『武富士の闇を暴く』単行本訴訟で

 04年10月8日(金)、午前10時より、東京地裁712法廷にて、消費者金融最大手「武富士」が、同社の盗聴事件や営業の問題点などを暴いた単行本『武富士の闇を暴く』(編集・発行=武富士被害者対策全国会議。発売元=同時代社)の一部内容が名誉毀損に当たるとして、編著者の新里宏二弁護士等に損害賠償請求している民事訴訟の公判があった。なお、被告側はすでに反訴し、損害賠償請求・謝罪を求めている。
 今回公判は、まず、争点になっている同社の営業責任者である近藤光代表取締役(現在、同社は元久在社長、武井保雄の次男・健晃氏との3人代表体制)、そして午後からは、現在、本紙・山岡俊介等への盗聴(電気通信事業法違反)、それに山岡への名誉毀損で裁判中(9月16日、検察側は懲役3年を求刑。11月17日判決)で、当時、同社トップの地位にあった武井保雄被告の証人尋問が行われることになっていたことから、注目されていた。
 ところが、武井被告は当日朝になり、一度は同意した出廷を断っていたことが明らかになった。
 2004年10月9日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« プロ野球再編問題で右翼が西武・堤氏を糾弾か | トップページ | これが故・三塚元蔵相の借用書! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13439813

この記事へのトラックバック一覧です: 「武富士」前会長・武井保雄、出廷せず:

« プロ野球再編問題で右翼が西武・堤氏を糾弾か | トップページ | これが故・三塚元蔵相の借用書! »