« 甲府信金訴訟、請求棄却 | トップページ | 西川頭取、金丸系企業から利益供与!? »

2004.10.18

西武鉄道の虚偽記載公表は本当に自主的だったのか?

●闇人脈に脅され、止む無く公表か?

 全国紙記者は、専門チームを作り、現在、西武鉄道がなぜ有価証券報告書の虚偽記載を公表したのか、その真相究明を進めている。
 それはそうだろう。
 西武鉄道は、上場廃止基準に抵触する80%以上の株式を上位の大株主10社、取締役、それに自己株式併せて所有し続けていたのだ。しかも、大株主のコクドとプリンスホテル所有分は、1200もの個人名義の“借名”で持って、実際の所有比率より大幅に少ない所有とされていたのだ。その手口は実に計画的といわざるを得ず、意図的であることはまず明らか。それだけ、上場廃止の可能性大なのだ。
 2004年10月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 甲府信金訴訟、請求棄却 | トップページ | 西川頭取、金丸系企業から利益供与!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13439653

この記事へのトラックバック一覧です: 西武鉄道の虚偽記載公表は本当に自主的だったのか?:

« 甲府信金訴訟、請求棄却 | トップページ | 西川頭取、金丸系企業から利益供与!? »