« 書評『いくつになっても夫婦の性生活がうまくいく秘訣』(石蔵文信著、すばる舎) | トップページ | 書評『心が通じる ひと言添える作法』(臼井由妃著。あさ出版) »

2015年8月28日 (金)

書評『ビックリするほど遺伝子工学がわかる本』(生田哲著。サイエンス・アイ新書)

11_4「免疫不全で遺伝子治療」「肥満になりやすい遺伝子」など、毎日のように遺伝子に関するニュースが飛び交っている。
 今やバイオテクノロジーは、情報産業と並ぶ世界経済のけん引役だ。
 薬学博士・生田哲氏の最新刊は、ズバリ、その遺伝子工学。
 本書は3章に分かれる。
 まず1章は「遺伝子工学とはどんなものか?」で、細胞と遺伝子の仕組み、遺伝子組み換え技術、そしてDNA合成技術が解説される。用語だけを見ると難しいが、節ごとにイラストが挿入されており理解の手助けになる。
 2章は「遺伝子工学でこんなことができる」。遺伝子工学を用いて様々なタンパク質が作られ、それが糖尿病の治療や免疫細胞の強化に役立っている。一時、センセーショナルに取り上げられたクローン羊の成り立ちから、微生物を検出する「蛍の光」、エイズの予防薬を作るカイコに至るまで、遺伝子工学の可能性は無限に広がっているという。
 遺伝子の仕組みを理解した上で、3章「ヒトの病気にかかわる遺伝子」を読めば、がんはまさに遺伝子のダメージによって起こることが理解できる。何と様々な病気の元になる「肥満」も、遺伝子の変異が原因だという。
「出生前診断」「ヒトゲノム計画」「ips細胞」などの最新情報にも触れられている。これ一冊を読めば、遺伝子工学の基礎から最先端まで、素人にもよくわかること請け合いだ。
(本体価格1100円+税)

|

« 書評『いくつになっても夫婦の性生活がうまくいく秘訣』(石蔵文信著、すばる舎) | トップページ | 書評『心が通じる ひと言添える作法』(臼井由妃著。あさ出版) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/62173701

この記事へのトラックバック一覧です: 書評『ビックリするほど遺伝子工学がわかる本』(生田哲著。サイエンス・アイ新書):

« 書評『いくつになっても夫婦の性生活がうまくいく秘訣』(石蔵文信著、すばる舎) | トップページ | 書評『心が通じる ひと言添える作法』(臼井由妃著。あさ出版) »