2020年3月22日 (日)

<書評>『日本人に合ったがん医療を求めて』(水上治著。ケイオス出版)

Img033_20200322195101  がん告知日本人の自殺率の高さ(通常の約24倍!)の大きな原因の一つは、医者の意見を押し付ける傾向があることという。
 わが国の医者は、「命を一秒でも伸ばすが最善の医療」と信じ、転移ガン患者にもしきりに副作用の大きい抗がん剤を勧める。だが、欧米では型通りに勧めて患者が延命よりQOL(生活の質)を大切にしたいと拒否しても「いいですよ」と受け入れ、その後も親身に対応するという。
 もっとも、だらかといって著者は欧米のがん医療がすべてにおいて優れているとはいっていない。
 欧米流の医者と患者のドライな関係、自己主張して徹底的に議論し妥協や調整を図り「合意」を目指すやり方は、「場の調和」を重んじる日本的精神風土には合わないと考える。
 冒頭のがん告知後の突出した日本人の自殺率の高さは、そもそも日本人患者でがん告知を望む者は半分程度で、それにも拘わらず告知するため、欧米人と違ってうつ病にやり易い点もあると見る(日本人は脳内セレトニン代謝が低い事実も)。
 まして、米国ではがん告知とセットになっている余命告知は日本の文化に合わないので止めるべきという。
 本書は、西洋医学を根本としながらも、徹頭徹尾患者側に立ち、高濃度ビタミンC点滴療法を実施したパイオニアの一人でもあり「補完療法」も取り入れる著者が、他の医者、患者、患者の家族に一番伝えたい「本当のこと」が詰まったエッセイ的な内容。
 そして、本書を読めば、がんを宣告され暗闇のなかにいる患者、その家族にも一筋の光明を与えてくれること請け合いだ。
(1450円+税)

 

*なお、本紙・山岡は週刊誌のがん取材で何度もお世話になっている、それは、こんなに患者本位、本音で語ってくれるがん専門医を他に知らないからだ。

 

| | コメント (0)

2020年3月 6日 (金)

<書評>「大学の自治と学問の自由」(晃洋書房)

Img008  明治学院大学での「授業盗聴事件」は東京高裁で和解になったことは、昨年12月に「アクセスジャーナル」で報じたが、こうした大学自治や学問の自由に関連するブックレットのシリーズ第三弾「大学の自治と学問の自由」(寄川条路編著)が発売された。
 いま大学で何が問われているのか。昨年、文部科学省が「大学入試改革」として民間試験の導入を狙ったが、あまりに拙速で、かつ萩生田光一文科相の「身の丈に合わせてがんばって」発言もあり、取りやめになったのは記憶に新しい。
 だが本書を読むと、文科省の進める「大学改革」のもとで大学自治の形骸化が進むとともに、大学コミュニティ内部での権利侵害が、私たちの知らないところで多発していることに驚かされる。
 2010年以降に限っても、全国の大学でセクハラ・パワハラ、不正論文問題、スラップ訴訟、教職員の解雇などが多発しており、明治学院大学の事件は氷山の一角に過ぎないことがわかる。
 とりわけ深刻なのは、2004年の国立大学法人化以後、「大学ガバナンス改革」が進んだ結果、学長・理事会への権限集中や、「経営力の強化」の名のもとに大学の企業化が進行し、教員の解雇・雇止めがそれまでと比べ圧倒的に増加した、ということだ。
 問題なのは、それが「大学の民主主義や学問の自由を擁護する教員への恫喝や見せしめ的処分という性格が少なからずある」ことだろう(第1章 大学における学問の自由の危機とガバナンス問題)。
 長い目で見れば、「学問の自由」を失った大学はやがて日本社会全体の劣化を招くに違いない。「大学の現状を正確に把握して、その対策を考えるための実践的な批判書」(まえがき)と言える(本体1000円)。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

<書評>『日本長寿食辞典』(悠書館)、『徳川ごはん』(mores出版)。どちらも著者は永山久夫氏

12_20200105184001 13_20200105183701

『日本長寿食辞典』(3200円+税)の方はページ数600にも及ぶ大作。
 第一部の食材編では、(1)米・豆・雑穀、(2)汁もの、(3)茶・酒・水、(4)野菜・果物・野菜、(5)魚・海草、(6)卵・肉・乳製品、(7)行事食・お供えのどれが、どんな長寿作用があるが平易に解説。第二部の長寿法編ではまず(1)日本古来の長寿法を取り上げ、(2)ではそれを踏まえた上で現在の100歳時代の新しい長寿法を説いている。
 第三部の長寿者列伝、第四部のことわざから学ぶ不老長寿法も面白く、しかも大いに参考になる。
 健康ブームのなか、特定の食材を濃縮するなど健康効果が疑わしい「健康食品」が氾濫するなか、本書で披露されている知恵を持てば、日々の食事を美味しくいただきながら結果として健康長寿が付いて来るというわけで、まさに本物の長寿健康法。しかもその食材はどこのスーパーでも売っている安価なものばかりなのもうれしい。
 一方の『徳川ごはん』(1800円+税)は、徳川家の15人の将軍が各人、何を食べどう生きたか解説したもの。読み物としても面白いが、結果として、やはり健康長寿の秘訣がぎっしり詰まっている。
 なお、永山氏、若いころは漫画家志望だったそうで、両書のイラストも自身が担当。その腕前はまさにプロであることはむろん、そのタッチは実に深い温かみを含んだ味わいがある。

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

<書評>『明智光秀は二人いた!』(双葉社。跡部蛮著)

12_20191222184201 

 来年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。
 ご存知のように、本能寺の変で主君の織田信長を討った「逆臣」として知られるが、その明智光秀に影武者がいたとか、双子だったとかいう説を展開しているわけではない。
 既存の「光秀本」の多くは、信長が足利義昭を奉じて上洛する(1568年9月)ころを起点としているという。というのは、明智光秀は戦国時代を代表する武将にもかかわらず前半生に関する信頼すべき史料が一切ないからだ。実は誕生日は不詳とされ諸説ある。もっとも早いのが1516年、遅いのが1528年と12年も違う。いずれにしろ、信長を討った時、信長49歳に対し光秀は55歳か67歳と年上だったわけだ。
 そして筆者はこの年の差は、同じような境遇の別の人物を「光秀」と、後の複数の史料が勘違いして記したためにそうなったのではないかと推測している。実際、斎藤道三に関しては、親子2代の国取り物語りが息子1代の国取り物語りにすり替わった説が通説になりつつあるという。
 荒唐無稽と思われるだろうが、史料を読み込み、その矛盾を指摘して展開しておりなかなか説得力がある。あくまで読み物と考えれば、謎多き光秀の真相に迫る歴史物、否、ミステリー本としても実に面白い。
1000円+税

 

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

<書評>『江戸東京透視図絵』(文・跡部蛮。絵・瀬知エリカ。五月書房新社)

12
 東京の街歩きガイド本は、その地の歴史解説を含めたものもすでにいくつか出ている。
 だが、このガイド本の、その地が江戸時代はどんな場所で、どんな出来事があったかの解説は突出してスグれている。まるで江戸時代にタイムスリップし、自分がそこを歩いているかのように引き込まれるのだ。
 その理由はいろいろある。
 本文担当の跡部蛮氏の江戸時代に関する博識さ(佛教大学大学院文学研究科=日本史学専攻=博士後期課程終了)と、跡部氏、江戸切絵図という古地図を持って街歩きする「江戸ぶら会」を主宰しているからそのガイドぶりが見事に一致。おまけに、ふんだんに該当地の江戸切絵図と現在の地図、街並みから標識、歴史物とその説明図などの写真が掲載されている。
 さらに本書が引き込まれるは、和物、歴史物の装画で人気のイラストレータ・瀬知エリカ氏が絵を担当。現在の写真に、江戸時代にその地であった事件や出来事のワンシーンをイラストで描き重ね合わた透視絵図が載っていること。こんなガイド本ないだろう。
 本書では、墨田区両国(赤穂浪士討ち入りの吉良邸)、目黒区中目黒(茶屋坂。目黒のさんま)、台東区千束(吉原遊郭)、荒川区南千住(小塚原刑場と鼠小僧)、港区赤坂(3つの勝海舟邸)、豊島区駒込・文京区本郷(八百屋お七と3つの火事)、新宿区大京町(沖田総司終焉の地)、台東区上野(幕府終焉の上野戦争)各周辺など12話で構成されている。
 この充実ぶり、他にもたくさんの歴史的場所があることを思えば、続編も期待される。
(1900円+税)

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

<書評>「“意識高い系"がハマる『ニセ医学』が危ない!」 (桑満おさむ著)

13 著者の桑満おさむ氏は、東京都目黒区の「五本木クリニック」の院長。
 当初は趣味で「面白ネタ」捜し程度の認識でネット検索していたところ、近年、とても面白がれない「ニセ医学」に基くトンデモ健康法が、関係商品を売る側だけでなく、それを見て信じた、それも“意識高い系”信者がSNSでわざわざ拡散しカルト化していることを知り、医者としての知識を駆使して警告記事をブログで発信。それが話題を呼び、まとめたのが本書だ。
 具体的にはコラーゲンでお肌プルプル、合成添加物で障害児が生まれるに始まり、酵素食品、デトックスブーム、反ワクチン、反予防接種、ホメオパシー、波動、水素水などまで縦横無尽に喝破している。
 各種信者の大半は女性、それも母親が多く、なかにはブログを見て桑満氏に抗議の電話などをして来る者も。そうしたことが煩わしいから、多くの医者はわかっていても無視しているが、実際に「ニセ医学」を信じた挙句に健康を害した患者が来院、また根っからの正義感の強さも相まって、今も自身の開設したブログで書き続けているという。
 なかには、これも「ニセ医学」なの? というネタも登場。
 一例を上げればグルコサミン、コンドロイチンも膝間接痛に効果はまったくない。よくなったというのはプラセボ効果(効くという思い込み)に過ぎない。しかし、実際に効くというイメージで有名メーカーも堂々とTVCMを打っている。
 というわけで、我々素人は程度の差はあれ誰もが騙されているということだろう。
 発行・育鵬社。1400円+税

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

本の紹介『子どもの脳は食べ物で変わる』(生田哲著。PHP研究所)

51ksgiasl5l_sx340_bo1204203200_  著者によれば、「子どもの人生を決める最大の要因は、遺伝ではなく、栄養素」なのだという。未完成のまま生まれる赤ちゃんの脳は、栄養素によってその性能を決定付けられる。つまり、子どもにとって何を食べるかが最も重要なことなのだ。
 たとえば「子どものIQを上げるためにまず第一にすべきことは、血糖値を急速に上げる『クイックカーボ』(菓子パン、チョコレートなど)を子どもから遠ざけること」という。食品添加物まみれ、砂糖まみれの加工食品は身体に良くないことは、一般的に知られつつあるが、本書の特徴はそれが生物学者ならではの知見から、科学的に論証されている点にある。
 ではどんな食べ物が良いのか。それが第2章「子どもの脳にいい食べ物」で詳しく触れられている。それはずばり、上記『クイックカーボ』と間逆の『スローカーボ』(野菜、キノコ類、海藻類など)ということになるが、詳しくはぜひ本書をご覧頂きたい。
 また食事に限らず、「子どもに薬を飲ませてよいのか」「ワクチンを注射しても大丈夫か」といった問いに生物学者として正面から応えている。
 子どもを健康で「アタマの良い子」に育てたいなら、この本をぜひ手にとって活かしてほしい。

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

書評『超真説 世界史から解読する日本史の謎』 (跡部蛮著。ビジネス社)

61zphirkal_sx339_bo1204203200_  歴史研究家・跡部蛮氏の著作は、これまで5回、取り上げたことがある。
 最新刊の本書は、日本の古代から近世に至る歴史的事件を、視野を大きく広げて世界史の観点から関連付けて研究したものだ。
 あの蘇我入鹿を殺害したクーデター「大化の改新」。当時、朝鮮半島は高句麗、新羅、百済の三国に分かれていたが、大化の改新をはさんだ6年間に、三国で同様のクーデターが相次いでいた。
 当時、東アジアでは使節が行き交っていたから、もちろん通信手段の発達した現代とは比較できないにせよ、クーデターの情報が伝わっていたのは当然だ。どのような相互作用があったのか。
 また、史上最強のモンゴル軍に勝ったのは、日本だけではなかった。エジプトも勝っていた。両国とも武家政権だったが、勝った理由には共通点があったという。
 こうした興味深い事実は日本史だけを追っていては知ることができない。「日本史は好きでよく知っているが、世界史はよく知らない」という人にもおススメの好著だ(本体1600円)。

|

2018年12月12日 (水)

書評『他人の頭を借りる超仕事術』(臼井由妃著。青春出版社)

51ecljjpdvl_sx350_bo1204203200__2 「仕事が多すぎる。なんとか減らしたい」「同じ仕事を繰り返していて、自己成長につながらない」。こんな気持ちで毎日働いている人も多いだろう。
 病身の夫の後を継ぎ、専業主婦から社長に転身した異色の経営者である著者は、「仕事ができる人は、仕事を全部自分でやらない人だ」「仕事量の8割ほどを人に任せ、残りの2割の仕事に集中する人が大きく成長する」と説く。
 そうは言っても、「人に任せるより自分がやったほうが早い」とか「人に仕事を押し付けて、自分は怠けていいのか」と思う方もいるだろう。
 著者によれば、自分にしかできない仕事の見分け方があり、人への任せ方にもコツがあるという。
 まず「自分の棚卸し」で、自分にしかできない2割の仕事を見出す(第2章)。その上で、仕事の8割をいかにして人に任せるのかを具体的にアドバイス(第3章)。任せる相手はどんなタイプか、どうすれば上手に任せることができるのか。・・・この辺りに著者ならではの経営術が垣間見える。
 本書は2011年発行の『仕事の8割は人に任せなさい!』の改訂版。その間、に急速に発達したSNSをいかに利用するかといった点が追加・修正されている。
 年末に本書を読んで、来年からは新しい仕事術を身につけ、自己成長してみてはいかがだろうか。

|

2018年9月21日 (金)

『大東建託の内幕 〝アパート経営商法〟の闇を追う』(三宅勝久著)

41ok8p3ofjl_sx343_bo1204203200_

 大東建託といえば、売上高が1兆円を超す大企業だ。賃貸住宅業界の最大手であり、テレビ・コマーシャルでも名が知られている。しかし本書を読めば、「いまどきこんなブラック企業があるのか」とその実態に驚く。
 本書は自殺まで追い込まれる社員の姿や、詐欺まがいの手法で売上を伸ばすため重い“犠牲”を払わされるオーナー等の、ふたつの側面から大東建託の実態に迫っている。
 前半、顧客とのトラブルで、会社から400万円を自腹要求され、自殺する営業マンや、毎日15時間以上に及ぶ営業に追われ、過労死する営業マンが登場する。遺族にも取材し、そのリアルで悲惨な実態が伝わってくる。
 一方、ノルマを課せられた営業マンから「一括借り上げで家賃保証があるので安心ですよ」と甘い言葉で勧誘されたオーナーが、突然家賃を引き下げられる等、詐欺的な手法で被害を受けた実例も明らかにされた。
 昨年、同社内に労働組合ができたが、その委員長は三宅氏の取材に応じたというだけで減給処分や譴責処分を受けたという。さらには三宅氏にも「名誉毀損」訴訟をちらつかせ恫喝するといった、とんでもない企業なのだ。
 しかし大手メディアは、広告主である大東建託に配慮しているのか、事件化した表面の部分しか取材しない。足掛け9年に及ぶ取材をした、フリージャーナリストの三宅氏だからこそ書けた本と言えるだろう。ぜひ手にとって読んで頂きたい。
(同時代社、本体1500円)

|

«『やさしい漢方の本 さわれば分かる腹診入門』(平地治美著)